DAIWA
.
.
不動産コンサルティング
ワンストップショッピング
ブリッジ方式
TSS方式
借地・底地
土地の有効利用
賃貸経営
各種相談コーナー
.
住宅関連事業
注文住宅
リフォーム
建てたい
基本設計
建物管理
.
不動産関連事業
賃金計画
相続
法律の相談
税金の相談
土地、建物の税金とは
土地や建物にかかる税金(一覧表)
土地や建物を贈与するとき
土地や建物を売るとき
建物を新築(建替)するときの税金
土地や建物を買うとき
土地や建物を相続するとき
土地や建物を持っているとき
売りたい・買いたい
当社の事業物件
.
物件情報・インフォメーション
大和地所ビル
売買・賃貸情報
インフォメーション
トピックス
   
  PR・広報
  PR・広報
 


不動産取得課税(H20.3.31までに取得した場合)

土地やマンション、新築の戸建住宅・中古住宅を購入した場合にかかる税金です。

・土地の不動産取得税
税額=(固定資産税評価額×1/2×3%)- 控除額

1/2の軽減はH21.3.31までに土地の購入が行われた場合です。

 

控除額
下記イ、ロのいずれか多い税額より控除されます。
イ)45,000円
ロ)土地1uあたりの評価額×1/2×住宅床面積の2倍(200uが限度)×3%
  
土地の控除が利用できる条件は以下の通りです。

<新築住宅の土地>
(1)土地を取得した日から3年以内に、その土地の上に住宅が新築された場合
(住宅を新築するのは、土地取得者本人に限らず土地取得者以外の者、土地取得者から該当土地を取得した者でも構いません。)
(2)新築でまだ人の入居の用に供されたことのない住宅とその敷地をその住宅の新築後1年以内に取得した場合(自己の居住用以外の場合は2年以内)
(3)住宅の新築後1年以内にその住宅の敷地となっている土地を取得する場合

<中古住宅等の土地>
(1)土地を取得した日から1年以内に、その土地の上にある自己の居住用の中古住宅
(上記(2)の新築住宅でその新築後1年を超えているものを含みます。)を取得した場合。
(2)自己の居住用の中古住宅の取得後1年以内にその中古住宅の敷地となっている土地を取得していた場合(上記(1)の新築住宅でその新築後1年を超えているものを含みます。)

また、住宅に係る軽減措置は、田園型・郊外型住宅などのニ戸目の住宅にも適用されますが、
避暑・避寒用といった典型的な別荘用の住宅には適用されません。


・建物の不動産取得税
税額=(固定資産税評価額- 控除額)×3%

  控除額
新築住宅 ・・・・・ 1,200万円
     
中古住宅(新築された日)
S56.6.30以前 ・・・・・  350万円
S60.6.30以前 ・・・・・  420万円
H元.3.31以前 ・・・・・  450万円
H9.3.31以前 ・・・・・ 1,000万円
H9.4.1以降 ・・・・・ 1,200万円

建物の控除が利用できる条件は以下の通りです。
(1)居住用その他住宅用の建物である
(2)床面積が50u以上240u以下である

   (貸家住宅に関しては、一戸あたりの面積が40u以上240u以下であること)
(3)中古住宅の場合、取得の日前20年(鉄骨・鉄筋コンクリートの場合は25年)以内に新築された建物であること

.
copyright(c) DAIWA LAND GRAUP Inc, all rights reserved.