DAIWA
.
.
不動産コンサルティング
ワンストップショッピング
ブリッジ方式
TSS方式
借地・底地
土地の有効利用
賃貸経営
各種相談コーナー
.
住宅関連事業
注文住宅
リフォーム
建てたい
基本設計
建物管理
.
不動産関連事業
賃金計画
相続
法律の相談
紛争・裁判になる前に・・・
土地・建物に関する法律豆知識
法律問題と解決法の一例
無料法律相談のご案内
税金の相談
売りたい・買いたい
当社の事業物件
.
物件情報・インフォメーション
大和地所ビル
売買・賃貸情報
インフォメーション
トピックス
   
  PR・広報
  PR・広報
 


1.土地の売買と境界問題
2.土地取引きにおける土地の瑕疵とはなにか
3.建物付き土地を買うという場合に気を付けること
4.遺産分割の方法について

1.土地の売買と境界問題


土地の売買に関する境界問題は、売主と買主とでは全く異なった内容になります。

まず、土地の買手の側から見ると、事柄は単純明快です。その土地の売主に、境界の表示をしてもらえばいいのです。売主には、どこからどこまでが売却する土地かをはっきりさせる必要があります。
更に詳しく読む>>
 
 
2.土地取引きにおける土地の瑕疵とはなにか

建物の売買などで、「瑕疵」ということはままあることです。

人がつくったものですから、壊れることもあり、直さなければならないことも多いのです。では、土地には、修補できるようなものはないのですから、「瑕疵」はないのでしょうか。
更に詳しく読む>>
 
 
3. 建物付き土地を買うという場合に気を付けること

建物と土地が一緒になったもの、すなわち建売住宅(土地付新築住宅)や、土地付中古住宅の売買の場合などです。

これらの場合の特徴は、建物が載っているので、更地の売買と比べ、必ずしも単純ではないという点があります。ただ、不動産の選びかたや、契約の仕方においては、土地の売買や、マンションの売買と変わるところはありません。
更に詳しく読む>>
 
4.遺産分割の方法について

(1)指定分割
被相続人が遺言によって指示した分割方法で、この方法が最優先されます。 遺言による分割の方法に、「遺産の3割をやる」とか「遺産の2分の1を与える」などのように割合で示す方法(相続分の指定または包括遺贈)と、「金1,000万円を長女にやる」とか「○○の土地は長男にやる」というように、遺産の中の特定の財産を遺贈する方法(特定遺贈)とがあります。

相続分の指定または包括遺贈の場合には、具体的に財産を相続するために、相続人などの間で遺産分割協議が必要なため、「争族」を防止するためにも、特定遺贈による方法が望ましいといえます。

(2)協議分割
被相続人の遺言による指定がない場合、共同相続人全員の協議で分割を行います。全員の同意が必要で、1人でも同意しない相続人がいた場合には、分割協議は成立しないことになります。 遺産分割の方法で、最も一般的な方法であり、あくまでも相続人間の話し合いで決めるため、共同相続人全員の話し合う雰囲気づくりが大切になって来ます。

(3)審判・調停による分割
共同相続人間の協議が調わないとき、または行方不明者などがあって協議ができないときは、共同相続人は共同してまたは1人で、家庭裁判所に遺産の分割を申し立てることができます。 家庭裁判所は普通まず「調停」にかけ、調停が成立しないときは「審判」による分割を行うことになります。

.
copyright(c) DAIWA LAND GRAUP Inc, all rights reserved.