DAIWA
.
.
不動産コンサルティング
ワンストップショッピング
ブリッジ方式
TSS方式
借地・底地
土地の有効利用
賃貸経営
各種相談コーナー
.
住宅関連事業
注文住宅
リフォーム
建てたい
基本設計
建物管理
.
不動産関連事業
賃金計画
あなたが購入できる価格帯は?
頭金の作り方教えます
ローンの上手な組み方について
アパート・マンションローン
相続
法律の相談
税金の相談
売りたい・買いたい
当社の事業物件
.
物件情報・インフォメーション
大和地所ビル
売買・賃貸情報
インフォメーション
トピックス
   
  PR・広報
  PR・広報
   
   
   
 
・有利な貯蓄方法を選ぶ
手元資金を貯める場合には、まず目標額を決め、少しでも有利な貯蓄方法を選びます。この際注意したいのは、単に金利の高さだけでなく、融資に直結するものを選ぶことです。代表的なものとして「財形貯蓄」があります。これは一定額を非課税で貯蓄できる上、公的機関から低金利で融資が受けられるもの。1年以上50万円以上貯蓄していると、財蓄額の10倍、最高4000万円までの財形住宅融資が受けられます。いずれにせよ、コツコツと地道に貯めていく意志の強さが大切です。

・親からの援助を受ける
しかし、自己資金はどうしても不足しがち。そこで、もし親から援助を受けられるなら受けておくのもひとつの方法です。

現在の税制では年間110万円までの贈与は非課税となりますが、両親や祖父母から住宅購入用資金の援助を受けた場合、本人所得が1200万円以下などの一定条件をクリアーすれば、550万円までは無税です。したがって夫婦別々に援助を受ければ、1100万円までは無税となります(ただしその場合は家を夫婦で共有名義にしなければなりません)。さらにそれ以上の援助を受けても、夫婦合わせて2000万円まで減税措置を受けられます。したがって親が援助してくれるなら、できるだけ受けておくべきでしょう。

ただし、この制度が利用できるのは一生に一度だけです。

(注)住宅取得資金の贈与を受けた場合の特例について詳しく知りたい方は、
住宅取得資金の贈与を受けた場合の特例(住宅取得資金に係る相続時精算課税制度の特例)
・住宅取得資金の贈与を受けた場合の特例(住宅取得資金等の贈与の特例)をご覧下さい。
◎まとめ
・財形貯蓄を中心に手元資金をためる
・親からの贈与は550万円まで無税















.
copyright(c) DAIWA LAND GRAUP Inc, all rights reserved.